【山を守る達人へ必携】これからの山林経営の必需品/昔から、おじいさんは山へ柴刈りへ行っていた。

山林管理/森林管理システム 山守くんLite

森林経営計画支援パッケージ

GPS 林小班組込みGPS

TruPulse360 TruPulse360

これからの山林経営の必需品

山林管理システム 山守くんLiteはシンプルな地理情報システムです。

■機能 地図表示 / オンライン地図利用(ウォッちず表示) / 地図印刷機能
写真データのファイリング / GPSデータの表示
施業計画支援 *1 / 施業履歴 *1 / 補助金申請支援 *1
■オプション機能 オーダーメイドも可能
■その他 OS Windows 推奨
■動作環境 CPU Core 2 Duo / MEM 2GB*1 オプション機能

山守くんLiteの簡単な使い方手順

使い方手順イメージ 山守くんLiteを起動しよう。
背景図ダウンロード機能を利用して、今回は国土地理院の1/25,000の地形図を背景図として利用する。
使い方手順イメージ 今回の相棒のGPSは、Garmin(ガーミン) 60CSx。定価9万円弱だ。
使い方手順イメージ 早速、GPSで観測してきた軌跡を山守くんLiteへ取り込もう。
USBでPCとGPSを接続してGPS側でPCとの接続環境を確認。
軌跡を取り込んで赤線で表示させたところ。※1
今回は道路上の軌跡だが、山林内でも同様な軌跡を得ることができる。
また点情報も取込める。
使い方手順イメージ 次に、山守くんLiteの情報をGarmin(ガーミン)60CSxにアップしてみよう。
今回は林班図のデータを利用する。林班図のデータは県や森林組合等で電子化されている場合、
データを借りられることもある。※2データがなくても独自で作成できる。
山守くんLiteで60CSxに表示させたい林班図を選択してGarmin(ガーミン)60CSxに読込めるよう変換しよう。※3
使い方手順イメージ 変換した林班図を取り込んで表示させた。※4
取り込めるデータやデータ量はGPSにより異なるので、実際に山林内へ持っていく場合は、
正しく取り込めているかPC画面と比べておいたほうがいい。
使い方手順イメージ おまけ、山守くんの背景地図に航空写真を取り込んだところ。

※1 接続環境/方法はGPSの説明書を参照ください
※2 今回はサンプルデータです。詳細は各自治体に問合せください。
※3 山守くんLiteはGPXフォーマットやSHPフォーマットに変換できます。詳細はGPSの説明書を参照してください。
※4 GPSへのアップロードは専用ソフトが必要な場合があります。今回はフリーソフトのカシミール3Dを利用しました。

山守くん森林経営計画支援パッケージ

山守くん森林経営計画支援パッケージパンフレット 山林管理/森林管理システム 山守くんLite 山守奉行 山守老中 GARMIN GPSMAP62SCJ MAGELLAN eXplorist

山守くん森林経営計画支援パッケージ購入ページはこちらです。
山守くん森林経営計画支援パッケージでご購入いただいたソフトをダウンロードする
ページはこちらです。
山守くん森林経営計画支援パッケージでご購入いただいたソフトに対するお客様からの
質問・疑問をまとめたページはこちらです。