GISソリューション | あなたの街の地図情報は、電子化されて、みんなで見ることができますか?

弊社では国土情報インフラの基幹として、地理情報標準プロファイルに基づく、革新的なプロダクトの構築を支援します。

GISシステム

  • ・窓口支援システム(統合型 GIS )
  • ・水道管理システム
  • ・下水道管理システム
  • ・道路使用許可管理システム
  • ・河川占用管理システム
  • ・境界査定管理システム
  • ・入札支援管理システム
  • ・土地情報管理システム(整備中)

 GIS(地理情報システム)は、我が国の電子国土の形成に向けて不可欠なツールです。  平成7年の阪神淡路大震災では、奈良大学の精鋭が GIS を駆使して、その復興対策に利用したのはいうまでもありません。その後、電子データの整備の機運が高まり、NSDIPA(国土空間データー基盤推進協議会)が設立され、空間データー基盤が徐々に整備されつつあります。
 先進国であるアメリカでは、 FEMA(連邦危機管理庁) が大規模な災害発生とともに立ち上がり、職員の招集から避難経路の検討まで、様々な場面で活用されています。  弊社では、 GIS の開発・研究を長年実施しており、まちづくりや防災に活用されております。  これからも皆様の日常の業務の効率化、サービスの向上に役に立つ GIS システムを提供します。

窓口支援システム(統合型 GIS ソフト)

 GIS(地理情報システム)は、我が国の電子国土の形成に向けて不可欠なツールです。  平成7年の阪神淡路大震災では、奈良大学の精鋭が GIS を駆使して、その復興対策に利用したのはいうまでもありません。その後、電子データの整備の機運が高まり、NSDIPA(国土空間データー基盤推進協議会)が設立され、空間データー基盤が徐々に整備されつつあります。
 先進国であるアメリカでは、 FEMA(連邦危機管理庁) が大規模な災害発生とともに立ち上がり、職員の招集から避難経路の検討まで、様々な場面で活用されています。  弊社では、 GIS の開発・研究を長年実施しており、まちづくりや防災に活用されております。  これからも皆様の日常の業務の効率化、サービスの向上に役に立つ GIS システムを提供します。

水道管理システム

上水道施設の電子化により、日常保守管理を効率化します。
・発注から管理まで一元管理
・窓口サービスの向上

下水道管理システム

下水道施設の電子化により、計画的な施設の維持管理が可能です。
・保守管理の一元化
・上下流解析

まちかど案内・まちづくり地図|あなたの街の地図情報は、電子化されて、みんなで見ることができますか?

  • まちかど案内・まちづくり地図
  • 使える行政側の用途
  • 広がる住民側の用途
  • 最新の技術で誰でも簡単に

GISソリューション | あなたの街の地図情報は、電子化されて、みんなで見ることができますか?

これまでの GIS(地理情報システム)は、高価なパッケージ製品や、必要台数分のマルチライセンス料が必要になるなど、導入コストが高額となりがちでした。そのため、必要なコンテンツ(地図やデータベース)の構築まで予算が回らないことがありました。一方 低廉なGIS は機能が十分ではなく、業務での利用が難しいこともありました。 そこで、当社ではお客様が必要とする機能、データを予算に応じてブラッシュアップし、オーダーメイドでシンプルなシステム(ソフトウエア)を低廉な価格で提供いたします。 尚、データベース、地図は汎用性の高いフォーマットを利用しますので、大規模システムへの移行も容易に可能です。

Order Made GIS|あなたの街の地図情報は、電子化されて、みんなで見ることができますか?

  • 主な機能
  • ・地図の表示、検索、林班図の表示
  • ・レイヤの管理
  • ・データベース管理(林班データ、作業履歴、データの追加、検索、位置情報との連携)
  • ・作業履歴管理
  • ・ユーザーによるメンテナンス
  • ・印刷機能、ファイリング機能、EXCEL出力
  • ・GPS携帯との連携(簡易なGPSによる位置情報のプロット)
  • 開発環境 TOMCAT4 JAVA2 Standard Edition (J2SDK) GPS機能付携帯電話

 GIS(地理情報システム)は、我が国の電子国土の形成に向けて不可欠なツールです。  平成7年の阪神淡路大震災では、奈良大学の精鋭が GIS を駆使して、その復興対策に利用したのはいうまでもありません。その後、電子データの整備の機運が高まり、NSDIPA(国土空間データー基盤推進協議会)が設立され、空間データー基盤が徐々に整備されつつあります。
 先進国であるアメリカでは、 FEMA(連邦危機管理庁) が大規模な災害発生とともに立ち上がり、職員の招集から避難経路の検討まで、様々な場面で活用されています。  弊社では、 GIS の開発・研究を長年実施しており、まちづくりや防災に活用されております。  これからも皆様の日常の業務の効率化、サービスの向上に役に立つ GIS システムを提供します。

  • 山林管理システム1
  • 山林管理システム2

Open Source GIS | あなたの街の地図情報は、電子化されて、みんなで見ることができますか?

オープンソースソフトウエア( OSS )は、ソースコードを無償で公開し、誰でもその改良、再配布が行なえるソフトウエアです。
したがってシステム構築のイニシャルコストを低く抑えることが可能で、官公庁や自治体などの公共分野の情報システムの約6割(2005年調査) がOSS を利用しています。
OSS の多くは Linux や Unix で開発されたものが多いため、日本語環境が苦手であったり、動作環境が限られるものもありますが、最近では日本語化や windows で動作するように移植されたバイナリパッケージや エミュレータも日々改良されています。
また、研究機関や学校においても、システム開発やデータ解析といった研究開発、カスタマイズが可能なので学習用にも広く活用されています。

当社では、これらOSS である( Linux, Mapserver ,postgreSQL, 等)を利用し、機能を限定したGIS デモサイトを構築しました。
(背景画には一部、地上分解能 2.5m の衛星画像を利用しています。)
システムの構築方法やデータの作り方は こちら(工事中) を参照ください。  当社では、 これらOSSを利用したシステム構築を支援いたします。

尚、OSS の多くは Linux や Unix で開発されたものが多いため、日本語環境が苦手であったり、動作環境が限られるものもありますが、最近では日本語化や windows で動作するように移植された バイナリパッケージエミュレータも日々改良されています